MIYAZAKI INDUSTRIES Co.,Ltd.

トップメッセージ

“人間尊重経営”を
モットーに世界に誇る
技術で地域に貢献

宮崎工業株式会社 代表取締役社長

安全と品質重視が
ひいては人の幸せ
社員の幸せにつながる

弊社は、総合部品メーカーNOK(株)の一翼を担う生産拠点です。衛星企業第一号として私たちは、親会社NOKが理念の最初に掲げております「愛情と信頼に基づく人間尊重経営」をモットーに、高い倫理観をもって地域に貢献していきたいと考えております。

特に私は「人間尊重経営」を、人の幸せ、社員の幸せととらえ、すべての分野における「安全」に力を入れております。ISO14001 及び ISO9001 の認証取得はもちろんのこと、改善提案活動はじめ小集団活動、2S活動、安全パトロールなど、果敢に取り組んで参りました。その成果として社内では5年間にわたり労災0(ゼロ)を続けております。さらに広義の安全活動として社員と会社周辺における交通安全活動、環境に対する安全対策として廃棄物のサーマル化などにも積極的に取り組んでおります。

また、製品については「品質重視」に加え、目覚ましい技術革新に対応すべく常に機能的な面でのブラッシュアップ、レベルアップ、さらなるコストダウンにも注力しております。

2015年
安全衛生優良企業認定を取得

社員数220人、平均年齢35歳、若い社員たちの活動が認められ2015年には、社員の安全や健康を確保するための対策を積極的に講じ、高い安全衛生水準を維持・改善している企業として「安全衛生優良企業認定」を取得しました(宮城県内で2番目)。

弊社は、これからも労働安全衛生関連の遵守と、労働者の健康保持増進対策、メンタルヘルス対策、過重労働防止対策、安全管理など真摯に取り組んで参る所存です。そして、人間尊重の社風のもと世界に誇る技術を矜持に、これからもたゆまぬ努力を重ねて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

代表取締役社長加藤 賢一

宮崎工業のプロフィール

弊社は「未来をになう世界の総合部品メーカーNOK」の一翼を担う生産基体として1973年1月、衛星企業第1号として誕生いたしました。

私たち宮崎工業はコスト削減を徹底し、収益体質をより強固なものとし、NOKと同水準の品質を永続的に保障するため、会社全般に亘り品質管理活動が常に実施できる体制を維持しております。

21世紀となり宮崎工業は、社員の幸せづくり『愛情と信頼』の絆をさらに強くし、企業発展の最大の原動力として実施してまいります。
又、環境保全管理も徹底し、その結果として会社の永続的な発展と地域社会に貢献する企業として邁進する所存です。

会社概要

宮崎工業株式会社の歩み

アクセス

TOPTOP